ニコ技深圳観察会に参加しました(その2)

華強プラザホテル

地下鉄の出口から見上げた華強北のランドマーク、プラザホテル

ニコ技深圳観察会は現地集合、現地解散のツアー。さらに中国は通信環境が他の国とは異なるので不安に思う人もいるかもしれませんが、観察会では深圳にたどり着くまでの経路や注意点などの細かい情報を事前に丁寧に共有してくれます。(ただし、手取り足取りサポートしてくれるワケではないのであくまで自力でたどり着くことが条件です。)私はさらに深圳に詳しい複数の友人からアドバイスをもらうことができたので、戸惑ったり不安に思うこともなく、準備を進めることができました。

いざ深圳へ

今回深圳へは定番通り香港から入りました。現在香港は一応中国に返還されていますが、いまだに外国扱いなので、入国手続きが必要です。香港から深圳に入ることができるイミグレは数箇所あり、最もポピュラーなのが罗湖口岸ですが、今回は初めてということもあり、香港の空港からバス1本で行ける皇岗口岸から入ることにしました。

が、私が行った時の皇岗口岸は人がとても少なくて、逆に外国人一人一人の入国審査がとても長く、無駄な緊張を強いられる感じだったので、やっぱりはじめて行く方には罗湖口岸がおススメかもしれません。

トラブル?発生

その後、地下鉄で華強北へ。スイカのような「深圳通」というカードを買って乗り込みました。深圳の地下鉄はまだ新しくとてもきれいなので、深圳にやってきたという実感も湧かないままでしたが、駅を降りたところで想定外の出来事発生。GPSがなかなか現在地をつかんでくれないのです。

最近は国内外を問わずGPSの道案内に慣れ切っていたので、まったく初めての土地でGPSが使えないのはかなり焦りました。少ししてやっと現在地が表示されましたが、数百メートルのレベルでずれています。結局GPSを切り、あらかじめダウンロードしていた地図を頼りにホテルにたどり着きました。

現在の深圳

翌日は観察会の一部のメンバーは華強北の電気街めぐりをしたり、中国で大流行りのシェアバイクを体験したりしていましたが、私は一人で銀行口座を作りに行ったので参加できませんでした。スケジュール的に仕方なかったとはいえ、電気街に行けなかったのは本当に心残り。最終日に行ったXiaomiショップも含め、深圳に行かれるならこれらのショップを巡る時間の確保と心おきなく買い物ができる準備をしておくことを強くおススメします。

また、少し前まで深圳は治安があまりよくないと言われていましたが、少なくとも華強北辺りで怖い思いをするようなことは滞在中一度もありませんでした。それどころか、買い物をする時も道に迷った時も銀行でカードを失くして焦った時も、現地の人はみなとても親切でした。

衛生面もほとんど気になることはなく、トイレもちゃんと個室です。箸やお皿などをまずお茶で洗う習慣が残っているものの、ほとんどのお店は「洗う必要ないんじゃない?」というくらい清潔な食器でした。10年ほど前に中国に行った際には「飲んじゃダメ」と言われた氷入りジュースもまったく問題ありませんでした。

ちなみに、深圳を楽しむための注意点は以下のブログがとても参考になります。このブログを書かれた方はニコ技深圳観察会に何度も参加されている「強者」です。
深圳クエスト2017

夜になってようやく観察会の方々と対面し、「明日からいよいよ」というテンションで深圳2日目は終わりました。

さあ、明日からはいよいよ観察会のスタートです。

その3に続く


The following two tabs change content below.
中野 志穂(ねこりん)

中野 志穂(ねこりん)

Web関連の仕事をするようになって10余年。最近ではソーシャルメディア支援や広告コピーなどを書きつつ、日中韓をつなぐ事業展開を模索中。趣味は競馬、野球はカープ。生態としてはほぼオヤジ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。