スマホの通話料を無料にする方法~LINE電話とQtalkを使いこなす~

イメージ

「スマホはアプリを使うものであって、もはや電話ではない」という人も増えていると思いますが、それでもいろいろな場面でまだまだ通話をする機会はありますよね。

固定電話とついつい長電話をしてしまい、通話料にビックリ!!なーんて経験、ありませんか?私はあります(^_^;)

■LINE電話、唯一の弱点

格安で通話できるアプリの導入を検討した結果、LINE電話がよさそう、ということは以前記事にしました。

これ↓です。
iPhoneのLINE電話キター!!

その後もずっとLINE電話を使っていましたが、唯一気に入らなかったのがApp Storeにクレジットカードを登録しておかないとダメということ。

やっぱりクレジットカードはできるだけ登録したくないのです。しかもApp Storeから他のものを買うことはほとんどないので、完全にLINE電話のためだけに登録している感じでした。

でも、LINE電話を使わないわけにはいかないし…と悩んでいたところ、思わぬところで解決策を見つけてしまいました。

■ショッピングモール「Qoo10」

Qoo10」というショッピングモールをご存じでしょうか?

Qoo10イメージ

電話の話とは少し離れますが、ちゃんと戻りますので(笑)、まずはQoo10についてご説明しましょう。

Qoo10はもともと韓国のNo.1ショッピングモール「Gmarket」の日本版としてスタートしたようです。

その後、韓国の本体が世界最大級のオークションサイトであるeBayの傘下に入り、eBayとのジョイントベンチャーとして「ジオシスグループ」が誕生。サービス名称もQoo10と改めて、現在では日本の他、シンガポール、インドネシア、マレーシア、香港、上海といったアジア各地でサービスを展開しています。

サービスの特徴としては、とにかく激安品が揃っていること。実際、私もその「お得感」にすっかりハマってしまいました。

さらに、1日1回訪問するだけでクーポンやスタンプがもらえるという、再訪を促す仕組みも秀逸。とにかく「お買物」の楽しさにあふれていて、今後の成長が注目されるECサービスです。

Qoo10イメージ

■Qoo10のスタンプやポイントが使える「Qtalk」という通話アプリ

Qoo10がどれだけお買物の楽しみにあふれているかは実際に使って実感していただくとして、電話の話に戻りましょう。

Qoo10には同じアカウントで使える「Qtalk」という通話アプリがあります。使い方はLINE電話とほぼ同じで、Callpointを事前に購入して使うプリペイド式。もちろんCallpointはQoo10内で買うことができます。

Qtalkイメージ

他に、お買物や日々の訪問で貯めたポイントやスタンプをCallpointに換えることもできます。

Qtalkイメージ

つまり、Qoo10で買い物をしたり日々訪問していれば、それなりのCallpointをタダで手に入れることができるのです。

■LINE電話の「LINE@」加盟店無料通話とQtalkの合わせ技で通話料をなくす

さて、ようやく本題です。お待たせしました。

以前にもお伝えした通りLINE電話では「LINE@」加盟店への通話は無料です。病院やレストランなど、思いの他多くの施設の固定電話番号が登録されているので、スマホで電話をするときは、まずLINE電話で無料通話ができるかをチェックします。

LINE電話イメージ

無料ならそのままLINE電話で通話します。

一方で、日々Qoo10を訪れCallpointを貯めておき、LINE電話で無料通話ができないところはQtalkで通話します。

ちなみに、固定電話へは1分3ポイント、携帯電話へは1分14ポイントでかけられます。(1ポイント=1円)

また、Qoo10はクレジットカードを登録せず都度入力で買い物ができるので、もし、タダで貯めたCallpointを使いきってしまうことがあっても、私は今後有料通話はQtalkに一本化しようと思っています。

注意しておきたいのは、購入したCallpoint以外は有効期限(6ヶ月)があるということ。スタンプなどをあまり急いでCallpointに換えるのではなく、必要に応じて通話前に換えるなどした方がいいかもしれません。

また、相手には050で始まるIP電話番号が通知されるので、それが好ましくない場合はやはりLINE電話がおススメです。

ひとまず私はこの方法で今月はスマホ通話料「0円」をやってみたいと思っています。

みなさんもぜひ試してみてくださいねー。


The following two tabs change content below.
中野 志穂(ねこりん)

中野 志穂(ねこりん)

Web関連の仕事をするようになって10余年。最近ではソーシャルメディア支援や広告コピーなどを書きつつ、日中韓をつなぐ事業展開を模索中。趣味は競馬、野球はカープ。生態としてはほぼオヤジ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。