カテゴリー別アーカイブ: 中国IT情報

『現代中国経営者列伝』を読みました

IMG

アジアをフィールドに仕事ができないかと模索するようになって早4年が経とうとしています。(時間が立つのは恐ろしいほど早いですね…。)

最近、少しずつ中国のIT関連の仕事に関われるようになり、ここは一度中国ITの「聖地」ともいえる深圳に行くべきだろうと思い、今年の4月に行ってきました。

帰国後、現地で参加した「ニコ技深圳観察会」の日本での同窓会があった際に、過去の参加者でジャーナリストの高口康太さんにお会いしました。間もなく『現代中国経営者列伝 (星海社新書)』という新刊が出版されるというので、早速Amazonの予約サイトを拝見すると、レノボ、ハイアール、ファーウェイ、アリババ、シャオミといった日本でもよく知られた企業の経営者の名前がずらり。「これは読まねば!」とすぐにポチっと購入ボタンを押しました。

「永不放弃(決してあきらめない)」の精神

読みはじめてすぐ、リズムのあるわかりやすい筆致で語られる経営者たちの物語にぐいぐいと引き込まれ、あやうく電車を乗り過ごしてしまうほど夢中になって読んでしまいました。

前半部分に登場する経営者はいわゆる「文化大革命」やその後の改革開放路線からの天安門事件、さらに南巡講話といった「激動」と一口に言っては気の毒なほど時代の荒波にさらされた世代です。

人並みに中国の近代史を知っているつもではいたものの、そこはやはり対岸の火事で、今回この本を通してはじめて実際にその社会の変化に翻弄される血が通った人々の生活や感情を思い知りました。

『現代中国経営者列伝』で取り上げられた経営者に共通して言えることは、どんな逆境にも決してくじけなかったということです。もちろんだからこそ今も生き残っているわけですが、その精神力の強さを示す数々のエピソードは圧巻の一言。

私が特に感激したのはアリババの馬雲の章でした。優秀だけど時代の荒波に…といったパターンが多い中、彼は勉強もそこそこ、さらには外見が原因で就職に失敗したこともあるそうです。そんな半生を過ごしたら、「オレの人生、どうせこんなもん」と腐ってしまうのが普通。ところが馬雲は決してあきらめず、腐らず、一歩一歩前進し、アリババを世界有数の企業に育てた今もなお前進し続けています。

私は父の急逝で中国留学の夢を果たせなかったという過去があり、そのことをいまだに恨みに思っていましたが、理不尽な仕打ちにも決してあきらめない中国経営者の姿勢を知り、文字通り自分の小ささが恥ずかしくなりました。今後馬雲と同じく「永不放弃」を座右の銘にして、自分なりに前に進んでいきたい、読み終わった後、そんなパワーが湧いてきました。

現代中国経済史をトレースするにも最適

私の感想としては何と言ってもくじけない精神に感銘を受けたことがいちばんですが、そういった感情的な部分を抜きにしても『現代中国経営者列伝』はこれから中国とビジネスを始めるという人には一読の価値があります。

現在の中国は共産党一党独裁のため、上からの通達で一気に社会が変わってしまうという歴史を繰り返してきました。そのため、経営者たちのストーリーもだいたいみな同じタイミングで転機を迎えます。それぞれまったく別々の物語でありながら、1冊通して読み終えた時には現代中国経済史の流れが一通り頭に入っていると思います。

最終章で触れられている次世代の経営者や中国で起こりつつあることはまだまだ萌芽にすぎず、それほど魅力的には映らないかもしれませんが、きっといつか「そう言えば最初に○○のことを知ったのはこの本だった」という展開が生まれてくるので、気になるキーワードはチェックしておくことをおススメします。

著者は実はあこがれの?メディアの「中の人」だった!?

最近、話題の本といっても内容が薄かったり胡散臭かったりすることが多く、本を読む機会が減っていましたが、久しぶりに夢中になって読書ができたのでうれしくて記事を書いてしまいました。

実はお会いした時には気付かなかったのですが、著者の高口さんは私が何年も前から定期的にチェックしているブログ『Kinbricks Now』の運営者でした。「中の人」は中国語にもとても堪能で、かつ極端な親中派でもない印象から、記事の内容についてとても信頼できると感じていたので、中国の情報を知りたいという人には必ずおススメしていました。

そんな方が書かれた本なので、面白くないはずがないですね。中国に関わる全ての人に読んでいただきたいホント、おススメの一冊です!!

Wechat(微信)公式アカウントが日本法人名義で取得可能に

Wechat

お久しぶりです。実に半年ぶりの投稿です。

いつもセミナーでみなさんに「SNSをはじめたら必ず決まった頻度での投稿を続けてください。」と言っているのに、本当に講師失格ですね。。

が!少し言いわけをさせていただくと、プロフィールにある通り、今後の展開としてずっとフィールドをアジアに広げることを考えていて、去年から少しずつその準備を進めていました。

今後はその関連情報も増やしていこうと思っています。

●Wechat(微信)って?

いきなりですが、最近よく「Wechat(ウィチャット:中国名は微信)」という言葉を耳にしませんか?これは中国でもっとも多くの人に使われているアプリの一つです。中国の方とお友達になったり、一緒に仕事をすることになると決まって「Wechatのアカウントを持ってますか?」と聞かれるほど多くの人が使っています。

日本でいうとLINEにあたるという説明がよく見られますが、自分の近況をアップしてお友達と共有する機能もとても盛んに使われているので、私はよくLINEとFacebookを合わせた感じのアプリと説明しています。

●中国ではWechat(微信)があれば生活できる!?

さらに、中国ではWechatpay(微信支付)と呼ばれるモバイル決済がとてもよく使われていて、電車に乗るにもコンビニで買い物をするにもWechatpayで支払をすることができます。しかも、QRコードをスキャンするだけという手軽さもあり、中国ではとても広く普及しています。

さらに、ニュースやお店の情報などもチェックできたり、各企業の公式ページに掲載された商品を購入することができたり、公共料金の支払いもできるので、Wechatさえあれば生活には困らないとまで言われています。

こういった生活上に必要なサービスの拡充でユーザーを囲い込む方法はFacebookもLINEも取り組んできましたが、今のところまだWechatほどの成果を出せていません。そういう意味では世界最先端の取り組みを実現しているアプリともいえるでしょう。

●Wechat(微信)の公式アカウントを日本法人名義で取得するには

これほど中国で大きな影響力を持つWechat。中国マーケットを狙う日本の企業にとってはもはや無視できない存在です。

そのため、公式アカウントを取得して情報発信をしたいと考える企業も増えていますが、従来は中国にある代理店に開設を依頼する必要がありました。さらに、運営者もその代理店名義になってしまいます。それではそのアカウントが正式なものかどうかはっきりしません。

そこで、最近になってようやく海外法人名義でのアカウント開設が可能になりました。と、サラッと書いてしまいましたが、これ「ついに!!」とい思われる方も多いのではないでしょうか。

晴れて公式アカウントが開設されればしっかり認証マークもつきますので、信頼度も抜群です。ただし、その分手続きはとても煩雑で、なおかつテンセントから認められた日本国内の代理店に依頼する必要があるので費用もかかります。

それでも待ちに待った日本法人名義でのアカウント開設が可能になったということで、現在多くの企業が開設手続きを進めています。

ご興味がある方はご相談に応じますのでぜひご連絡ください。
お問い合わせフォーム

●最後に

久しぶりの投稿が営業的な内容になってしまいましたが、この分野はまだ始まったばかりで今後どうなるのか私自身も正直わかりません。

ただ、ITやSNS運営に関する知識と経験があり、かつ中国語がある程度理解できる人材はまだまだ少ないので、私でお力になれるととてもうれしいと思っています。

今後も引き続き有益な情報発信をしていきますので、改めてどうぞよろしくお願いします!!