サラリーマンじゃなくてもネットでなんとか生きていける時代

medium_4053393372

みなさま、あけましておめでとうございます。

個人的にはとてもワクワクした気持ちで2014年を迎えました。このワクワクをもっともっと大きくできる1年にしていきたいものです。

●サラリーマンは辞めたけど

去年、私は「この後の人生をかける」くらいの覚悟で就職した会社をわずか1年ちょっとで辞めることになり、ついにサラリーマンをあきらめました。それから半年以上経ってみて思うのは、今はとても生きやすい時代じゃないか、ということです。

だってね、ネットがあれば明日からでもすぐいろいろな商売が始められるんですよ?ソーシャルメディアで仲間を集めるのも簡単。しかも起業のハードルがグンと下がるという政策のバックアップつき。つまり、ちょっとしたアイディアとパソコンがあれば、誰もが簡単に「起業家」になれるのです。

●ネットがくれた自由

とはいえ、私は何も「さぁ、みんな!起業しようぜ!」ということをいいたいのではありません。大事なのは「選択肢が増えた」ということ。サラリーマンができる人はそれでいいし、サラリーマンに向かない人間は組織に属さなくても自分でやれる環境がある、というのが「生きやすい時代」という理由です。

私も10年くらい前までは「サラリーマンじゃないと生きていけない」と思いこんでいたので、いつも「そのうち職が見つからなくなって自殺かな」とおびえていました。一応昔からサラリーマンにはあまり向かないっていう自覚はあったんです(笑)

もちろん、いつの時代も最初から起業を目指して成功している人はいます。でも、それはごく限られたすぐれた能力がある人の話で、私のような凡人は向き不向き関係なく、とにかくサラリーマンという発想しか持てなかったのです。しかも、転職市場は歳を取るほど需要がなくなっていく。あの頃は本当に不安で不安でたまりませんでした。

それが、今やネットのおかげでいろいろな可能性が試せるようになりました。生きていく不安が消えることはないけど「サラリーマンがダメなら死ぬしかない」と思っていたころと比べれば、本当に自由な気持ちです。

●ブログメディアに注目

ネットで始める商売の中で、今もっともお手軽感があるのが「メディアの創刊」じゃないかと思っています。「創刊」なんていうとちょっと大げさかもしれませんが、要するにちょっと質の高い記事を配信するブログを作るってことです。

誰にもすごく興味があったり得意とする分野の一つや二つ、ありますよね?それを自己満足の日記じゃなくて、「誰かに読んでもらう」ことを前提に書いていけば、十分メディアとして成り立つんじゃないかと。

もちろん、このブログもそんな風にしていきたいんですが、完全に「メディア」を意識して立ち上げたのが
こちら▼
Co-Ja

今、記事更新が止まってしまっていますが、今年はちゃんと配信体制も整えて、ガンガン仕掛けていきますよ!

なんて威勢のいいことをいいつつ、老後も働けるような仕事のことも考えはじめている今日この頃ですが(小声)、今年もみなさま引き続きどうぞよろしくお願いいたします!


The following two tabs change content below.
中野 志穂(ねこりん)

中野 志穂(ねこりん)

Web関連の仕事をするようになって10余年。最近ではソーシャルメディア支援や広告コピーなどを書きつつ、日中韓をつなぐ事業展開を模索中。趣味は競馬、野球はカープ。生態としてはほぼオヤジ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。