タグ別アーカイブ: バルサモ・デヴィーノ

バルサモ・デヴィーノの鴨焼き レシピ

鴨バルサミコ

家庭では食卓に上る機会があまり多くない鴨肉。「だって、鴨ネギ鍋くらいしか思いつかないし…」という方も多いはず。

私はスーパーで時々安くなっているのを狙って、よくバルサモ・デヴィーノで焼いて食べています。簡単でワインにピッタリ!

鴨をオレンジやはちみつなどを使って甘めに仕上げるレシピをよく見かけますが、バルサモ・デヴィーノには十分に甘味があるので、例によってそのままドバドバかけるだけです。

【材料】

  • 鴨肉 鍋用1パック
  • ネギ 1本
  • 小麦粉 適量
  • バルサモ・デヴィーノ 適量
  • 赤ワイン 適量
  • 醤油 少々
  • 塩・コショウ 少々

【作り方】

  1. 鴨肉に小麦粉をまぶします。省略してもかまいませんが、個人的にはこの方がふっくら仕上がるので好きです。
  2. ネギは円柱状に切ります。
  3. フライパンに油をひいて、ネギに少し焼き色がつくまで焼きます。
  4. フライパンに鴨を並べて塩・コショウをしたらすぐに裏返します。
  5. ワイン少々を入れ、もう一度鴨を裏返します。
  6. バルサモ・デヴィーノをフライパン全体にふりかけて醤油少々をたらしたら、2~3回フライパンを回して全体に絡めます。
  7. お皿に盛りつければできあがり!

相変わらずのテキトー料理ですが、とにかく鴨をフライパンに入れてから手早く仕上げるのがポイント。

そのままでももちろんおいしいですが、焼き上がった上からさらに少々バルサモ・デヴィーノをかけてもまた美味です。

ネギはなくてもいいかもしれませんが、やっぱり鴨との相性はバツグンで、バルサミコとも合うので、絶対にほしくなります。作れば分かります。

5分くらいでできてしまうお手軽料理。ぜひ安い鴨を見つけたらお試しください~。

チェリーテラスのモニターします!

Balsamico

なんかもう、迷走ここに極まれり、という感じですが……(汗)

どうも私にはイケダハヤト師的な炎上系ブログはムリかなーと思い悩んでいたところ、ご縁があって、チェリーテラス商品のモニターをすることになりました。

●チェリーテラスって?

チェリーテラスというのは調理器具、テーブルウェア、食品など、毎日の食生活が便利で楽しくなるような商品を扱っている会社です。

チェリーテラス

こんな会社とご縁ができるなんて、やっぱり私には眉間にしわを寄せて毒を吐くより、笑顔でおいしそうにバクバク食べる方がお似合いってことなんでしょうかね~~(笑)

もし、チェリーテラスを知らなくても「バーミックス」というブレンダーをご存じの方も多いはず。容器やお鍋に直接差し入れてグイーンと食材を潰せちゃう調理器具です。

それについては追々またいろいろレシピをご紹介するとして、今日はまず絶品バルサミコ酢をご紹介しましょう。

●赤ワインと白ワイン?バルサミコ酢にも赤と白があるんです

バルサミコ酢というと普通、黒いものを思い浮かべると思いますが、実は赤ワインと白ワインのように赤白2種類あるのです。

仲良く赤白が揃うイタリアはマルピーギのバルサミコ(冒頭の写真)ですが、実は私、かなり以前からこの白い方(ビアンコ)を使っていました。

最初はお酢に4,000円!?みたいに思ったんですが、考えてみれば1回飲みに行けば消えちゃう金額です。それで何度も絶品料理を味わえるなら安いものかなーと。

それに、赤い(というか黒い)バルサミコはスーパーでもいろいろな種類を買うことができますが、白いバルサミコはめったにお目にかかれません。そういう意味でも買う価値あり!だったのです。

●マルピーギバルサミコの特徴

さらに私がもう一つ気に入っているのが、原材料がシンプルなこと。なんと、このバルサミコの原材料は「ぶどう」のみなのです。化学調味料や添加物を食べるとてきめんに体調を崩してしまう私でも安心してたっぷり使えます。(実際は大切に少しずつ使ってますが…(^_^;))

一口なめたら思わず「甘い!」といってしまうほどの甘味は、じっくり熟成された自然の甘味。カラメル色素などでごまかしているものとはひと味もふた味も違います。

本当にかけるだけで「ウマーーーーーっ!」という料理ができあがっちゃいますよ。

今後はいろいろレシピを紹介するのでお楽しみにー。

【ビアンコレシピ】(2014年6月20日更新)
・絶品サラダ

☆「いますぐ使ってみたい!」という方はAmazonでも買えます。(ホント、最近のAmazonって何でも買えるよねー…)